【EPAコラム】RCEPの累積規定

2020年に署名されたRCEPが、2022年1月についに発効しました!
前回コラムではRCEPの原産地手続きについてお話いたしましたが、今回はRCEPの累積規定についてです。

累積とは、他のEPA締約国の原産材料・生産行為等を自国のものとみなす規定ですが、原産材料の累積を「モノの累積」といいます。
RCEPでは、発効時には「モノの累積」のみを採用し、生産行為等の累積については、発効後、見直しを行うことが規定されています。
生産行為の累積は、その証明・検証をすることが難しいため、このことが、発効時に採用されなかった理由一つかもしれません。

EPAビジネス実務検定のリーフレット

EPAビジネス実務検定リーフレット
EPAビジネス実務検定のリーフレットをいますぐご覧になりませんか?

2020年2月より実施されるこの検定試験の全貌がひと目でわかります。

簡単なアンケートに答えるだけで、PCでもスマートフォンでもすぐにご覧いただけます。PDFファイルもダウンロード出来ます。

まだ日本では数少ないEPAの専門家になるキッカケになるかもしれません。