EPAビジネス実務検定実施概略

EPAビジネス実務検定実施概略

受験資格

年齢や国籍等は関係なく、どなたでも受験することができます。

目次にもどる

試験科目

「EPA ビジネス実務検定」試験は3つの科目によって構成されています。

  1. EPAに関する実務知識
  2. EPAに関する事例
  3. EPAに関する周辺知識

目次にもどる

試験級とそのレベル

レベル
アドバンスト(B級)基本・応用・実践的な知識
(業務の運営ができるレベル)
ベーシック(C級)基本的事項
(定型業務ができるレベル)

目次にもどる

試験形式と試験時間

EPAビジネス実務検定の試験形式と時間
  • 回答はマークシート形式です。
  • 集合方式で行います。

合格基準点

ベーシック(C級)
2科目の合計160点(80%)を基準として試験委員長の定める点

設置予定会場

  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 福岡
  • 沖縄

実施回により設置会場は異なります。

目次にもどる

テキスト・参考書

  • EPAビジネス実務検定受験の指針(ベーシック版)
    刊:MHJ出版 2019年11月刊行
  • EPAビジネス実務検定受験の指針(アドバンスト版)
    刊:MHJ出版 2020年刊行予定

その他のテキスト・参考書はこちら

目次にもどる

資格の有効期限

試験日より4年間。

目次にもどる

実施予告

2020年は、年2回行う予定です。

第1回

開催級
ベーシック(C級)
実施日時
2020年2月2日(日)  
要項発表・申込み期間
2019年12月3日(火)12:00から2020年1月18日(土)12:00(正午)
受験地
東京 横浜 名古屋 大阪(4か所)

第2回

開催級
ベーシック(C級)
実施日時
2020年6月7日(日)12月6日(日)に変更いたしました。 実施時間等は下記申込み期間に掲載される要項をご覧ください。
要項発表・申込み期間
2020年10月6日(火)12:00~2020年11月21日(土)12:00
受験地
東京 横浜 名古屋 大阪(4か所)

新型コロナウイルス感染症の影響により、会場受験ができない場合はWeb試験に変更される場合があります。また、実施にあたり規模を限定することがあります。

目次にもどる

EPAの基礎知識

EPAを活用するにあたっての基礎的な知識をコンパクトにまとめました。

この1ページを見るだけで、EPAに関する疑問が解消間違いなし!です。